少年野球 ~ 8 ~

小学四年生と三年生で一つのチームを組んでそこに二年生と一年生を入れて
地区の公式戦や練習試合、親善試合を年間で30試合くらいこなしますが
ホームグランドである地元の小学校での試合はそんなに多くは出来ません、
おそらく年間で5-6試合だった思います。

その試合には普段練習を見に来ない父兄がいつもより多くお見えになります
練習試合なので出来るだけ大勢の子供を出場させてやりたいのですが
練習とはいえ勝つことを基本にすると大変気の折れる采配となります。

1-2年生は小さくてストライクゾーンが小さいので適当に代打で使い
かなりの確率で四球で出塁出来ます、その後は2-3年生を代走で
出したりて出来るだけ差別の無いようにするのが結構大変気を使うところ
でした、 やはりあの子が出てうちのは何故?話が必ずきますからね>

練習では応援のお父さんには出来だけ子供と一緒にプレイしてもらい
私は出来るだけ1-2年生の子守役をしなければなりません。

放っておくとすぐ飽きてしまうしバットを振ってる子供のそばを走ったり
して怪我が心配ですからね。

皆さんは小さい子のキャッチボールの相手をした事はありますか?
あれはとても忍耐の要る仕事ですよ~。でもこれが基本ですからね
いいかげんにするわけにはいきませ。

ここで野球のルールで意外な?事なんですが。。。。。
あの野球のダイアモンドの距離は中学の軟式と高校野球、
社会人野球、はてはプロ野球と同じなんですね~・
しかも一部では小学生の高学年でも同じ距離を使ってます。

塁間は27.431メートル 投手~ホーム間は18.44メートルです。

私の少年野球では地域のルールで低学年は22米と 14米
5-6年生は 23米 と 16米と 決まっていました。

このグランドルールを他の競技の邪魔にならないように校庭に目印を
作るのもそしてラインを引くのもコーチの役目なのです。
当然石灰を使いますが。。。内の子はあれに弱い肌なので。。。なんて
相談もありましたね~~。 いあ~予期しない問題が続々ですが
楽しい事も沢山ありますよ~~。

では、又続きを書いて行きましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

yochann

Author:yochann
50年もの長きに渡り携わってきた貿易関係の仕事を今年の3月
70歳の定年で終りサンデ-毎日の世界に仲間入りしました。
幸い私には外遊びはテニスクラブに家遊びはインタ-ネット将棋の
サ-クルに沢山のお友達いてくれます。これは私の大切な財産
であります、その皆様とこのブログを通じて益々の交流を深めめる
事が出来れば私の大きな喜びであります。
どうぞ皆様どんどん遊びに来てください、お待ちして居ります。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード