いろは歌留多 - 20 -    つ


   

 江戸は:  月夜に釜を抜く

 大阪は:  爪に火をともす

 京都は:  月夜に釜を抜く

 この月夜に釜を抜くの言葉は子供の頃にカルタ遊びをして
 その言葉に何故か強烈な印象は持ってましたが、正直今日
 までその意味を悟る事はありませんでした。

 たとえは意外と簡単で 月の明るい夜にお釜を盗まれる。。

  大変な油断の事だそうです。

 今では昼も夜もなくちょっと油断すると盗まれたりしますね、
 テレビのニュースで食べ頃のさくらんぼがごっそりやられたり
 はては秋には採れたての新米を盗まれたりで、、、

 油断もすきも無いとはこの事ですね。

 爪に火をともすような生活をしても人様の物に手を出しては
 いけませんと言うことで終ります。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

yochann

Author:yochann
50年もの長きに渡り携わってきた貿易関係の仕事を今年の3月
70歳の定年で終りサンデ-毎日の世界に仲間入りしました。
幸い私には外遊びはテニスクラブに家遊びはインタ-ネット将棋の
サ-クルに沢山のお友達いてくれます。これは私の大切な財産
であります、その皆様とこのブログを通じて益々の交流を深めめる
事が出来れば私の大きな喜びであります。
どうぞ皆様どんどん遊びに来てください、お待ちして居ります。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード