100円ことわざ辞典の教え (13)


 たまたま出会った100円のことわざ辞典手元に置いて時々ながめると

 結構面白いし勉強になります、 気が付いたのですがこの出だしの

 ”あ”からはじまることわざが他の文字と比べるとダントツに多い

 事が解りました、今日はその中でも あまり聞いたことのないことわざ

 を選んで紹介しますね。

 * 羹(あつもの)に懲りて膾(なます)を吹く

 一度の失敗に懲りて次から必要のない心配や用心をする事

 羹は熱いお吸い物 膾は酢であえた冷たい料理、熱い吸い物に懲りて

 冷たい膾までふうふうと吹いてしまうこと。

 冷やしラーメンを思わず吹いて食べる事ってあるよね~

 類似のでは * 蛇に噛まれて朽ち縄に怖ず

 これも、田んぼや畑の蛇の出そうなところで古縄なにかにギョット

 した事思い出しますね。

 * 後の雁が先になる

 なんとなく解ることわざですね、文字通りの印象で

 学問や仕事などで後から来た人に後れをとって先を越される事

 私の将棋の実力がこの典型的なパターンです。

 * あの声で 蜥蜴(トカゲ)食らうか時鳥(ほととぎす)

 人の性格や物事は、見かけでは判断出来ない、外見と中身が

 異なって驚かされることのたとえ。

 あの美しい声で鳴くほととぎすが意外な事にとかげを食べるのか

 と詠んだ江戸時代の俳人 宝井其角の俳句からだそうな。

 でも、鳥だからとかげだろうと毛虫だろうと食べるよね、

 最後に * 合わぬ蓋あれば合う蓋あり

 人でも物でもうまく合う場合もあれば合わない事もある。主に
 
 男女の間柄に使われるたとえ。

 有名な 破れ鍋に綴蓋 って歌留多がありましたね。

 では、これで ”あ”を 終り 次は ”い”です、

 早速いやなことわざから始まります、、、、、 なんと

 * 言うは易く行うは難し

 さてさてこのブログ更新もズート続けたいけど どうなることやら。

 終り。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

yochann

Author:yochann
50年もの長きに渡り携わってきた貿易関係の仕事を今年の3月
70歳の定年で終りサンデ-毎日の世界に仲間入りしました。
幸い私には外遊びはテニスクラブに家遊びはインタ-ネット将棋の
サ-クルに沢山のお友達いてくれます。これは私の大切な財産
であります、その皆様とこのブログを通じて益々の交流を深めめる
事が出来れば私の大きな喜びであります。
どうぞ皆様どんどん遊びに来てください、お待ちして居ります。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード