100円ことわざ辞典の教え(54)

お彼岸の昨日と今日は さすが 春を感じさせてくれる 陽気となりました

今日から 春の選抜高校野球が始まりましたね、開会式はいつ見ても 

新鮮で清々しい若い力の入場行進に 胸が熱くなりますね。

いいな~ 若さって なんでも 出来そうですね。春は 毎日新聞の主催

ですね、 夏の 主催の 朝日新聞 が 先日 一面トップで 読売巨人軍

の新人報酬問題で 基準額を 大幅に超えた金額を支払ってきたことを報道

してましたが、読売側は否定してますが、、、、

もし。事実ならば 税務当局も関心をしめすはず、、、 大きな 脱税問題

に発展するようでは プロ野球開幕日を 控えて 暗い話題にならなければ

と思います。 甲子園の球児が金銭問題で汚染されないように願うばかりです。

さて、今日は ”け”の続きです。

 * 芸は身を助ける : 習い覚えた芸や技術があれば、それで身を立てる

  こともできるし、万一の時には生計の助けにもなるとおうこと。

正に 高校球児もこの芸のお陰で プロ野球で活躍を目指してる球児も

多くいることと思います、夢に向かって身体を鍛えて好きな野球で 飯が

食えたら いいですね~~。 こちら 無芸 大食 (退職)好好爺?[高校児)

と 大違い。

 * 桂馬の高上がり : 俗に 将棋の言葉に 桂馬の高飛び歩の餌食 って

   言いますね、 でも、解説には 勢い余って軽はずみな行動をすると

   弱いはずの者にやられてしまうこと。 とあります。

   将棋をたしなむ者としては とても大事な教えと同時に 桂馬があれば

   詰み筋作れる大事な駒ですね。

 * 怪我の功名 : 誤ってやったことがおもおいがけない良い結果につながる

   ことのたとえ。 なにげなくやったことが偶然に好結果をもたらすこと。


   私のテニスの ポイントこれで半分くらい稼いでいるかもね? フレーム

   ショットなんて とても やろうと思って出来ることではありません、

   これが又、よく決まる~~。 

 * 逆鱗に触れる : 目上の人や地位の高い人をひどく怒らせてしまうこと。

   朝日の記事に 怒り心頭の 読売の偉い人のこと?

   げきりんは 竜のあご下にある一枚だけ逆さに生えた鱗。これに触れると

   竜が怒ってその人を突き殺すという。もともと天子を竜にたとえ、天子

   の怒りを買うことを言った。

   では、今日は これくらいにして 高校野球の第三戦 大阪桐蔭 対

   花巻東 (岩手)の試合を テレビ観戦します。ちょっと 岩手を

   応援しようかな!。

   終り。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

yochann

Author:yochann
50年もの長きに渡り携わってきた貿易関係の仕事を今年の3月
70歳の定年で終りサンデ-毎日の世界に仲間入りしました。
幸い私には外遊びはテニスクラブに家遊びはインタ-ネット将棋の
サ-クルに沢山のお友達いてくれます。これは私の大切な財産
であります、その皆様とこのブログを通じて益々の交流を深めめる
事が出来れば私の大きな喜びであります。
どうぞ皆様どんどん遊びに来てください、お待ちして居ります。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード