100円ことわざ辞典の教え(117)

昨日の 夕方の テレビニュースで 安倍政権が 長島元巨人軍監督とゴジラの愛称で
親しまれ 日米で 活躍した 松井秀喜さんの お二人に 国民栄誉賞贈ると決めたと
そして、今日の朝刊の 一面記事として 載りましたね。

お二人の喜びの言葉がとても印象的でした。

長島さん: 受賞が決まれば本当に光栄です、苦楽をともにしてきた松井君と一緒に頂ける

      ということであればこれ以上の喜びはありません。

松井さん: 私が頂いてもいいものかという迷いもあります、今後数十年かけて、賞を頂いても

      失礼なかったと証明できるよう、努力していきたいと思います。

 率直な気持ち、長島さんの受賞がなんでこんな遅く? 松井さんは もう少し後でも?

 と思いましたが お二人のコメントを読んで 同時受賞に 納得ですね。

 長島さんには まだまだ お元気でいて欲しいし、 松井さんには 日本のプロ野球界で

 監督として 活躍されこの受賞理由の更なる証明を 期待しております。

 プロ野球界からは 1977年に 王 選手 1988年に 衣笠選手 以来 25年以上

 ですから このお二人が受賞する事は 当然だとおもいます、おめでとうございます そして

 沢山の 野球の醍醐味をありがとうでした。

 では、 今日は ”天 ”のつく ことわざです。

 * 天知る、地知る、我知る、人知る : 悪事などどんなに隠そうとしても、少なくとも

  天と地と私とあなたは知っている、いずれは世間の人たちにバレてしまいますよ。

  おいらも、胸に手当てて、、、、 ごめんちゃい。

 * 天道様(おてんとうさま)はお見通し : 誰も見ていなくてもお天道様がいつもすべて

   を見抜いています。 上の ことわざと同じですね。

 * 天に向かって唾す : 人に危害を与えようとして、逆に自分がその害をうけること。

 * 天、二物を与えず : 天は一人の人間に、人より優れたものをいくつも授けることはない、
  
   優れた才能を持つ人にも欠点はあるものでということ。 おいらに欠点はあるけ優れた点が無い?

 * 天をうらみず人を咎めす :自分の置かれた境遇がどんなに不遇でも、決して天を恨んだり

   人のせいにしたりしてはいけない。それも天の意思と受け止め、自らの足りないところを

   反省し、ひたすら修業に努めよいうこと。 天の声は きびし~い の~~。

 では、これで ”て”を 終り 次回から ”と” と いうことにしますね。

 終り。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
プロフィール

yochann

Author:yochann
50年もの長きに渡り携わってきた貿易関係の仕事を今年の3月
70歳の定年で終りサンデ-毎日の世界に仲間入りしました。
幸い私には外遊びはテニスクラブに家遊びはインタ-ネット将棋の
サ-クルに沢山のお友達いてくれます。これは私の大切な財産
であります、その皆様とこのブログを通じて益々の交流を深めめる
事が出来れば私の大きな喜びであります。
どうぞ皆様どんどん遊びに来てください、お待ちして居ります。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード